筋筋膜性腰痛症って?

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

おはようございます。
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は症状の解説ブログを書いていきます!

国民病ともいわれる腰痛症。
その中で、最も頻度が多いとされる、
筋筋膜性腰痛症の解説をしていきます。

◎症状
・腰、腰から背中にかけての痛み
・腰の張り、こり、だるさ、重さなどの違和感

はじめは腰の周辺に軽い痛みを感じるほか、
腰がなんとなく疲れる、腰がこる、だるい、重苦しい感じがする
といった腰の不快感を感じます。

腰を休ませずに放置していると徐々に痛みが強まっていく傾向があり、
この段階になると慢性腰痛といわれるようになります。

◎特徴
痛みや違和感があっても、レントゲン検査では明らかな異常がありません。
骨や関節、神経などには異常がない、
筋肉が原因となっている腰痛です。

痛みが出る場所の特徴として、
骨の辺りではなく、筋肉の上に痛みが出ます。

筋筋膜性腰痛は、
一言で言えば腰周辺の筋肉疲労による痛みです。
腰を使う作業や、腰の負担が大きい姿勢を続けていると、腰の筋肉が緊張して硬くなります。

筋肉が硬くなると損傷しやすくなるほか、
血行も悪くなって痛みの元となる炎症や疲労が発生しやすくなり、
痛みとして現れます。

◎整骨院での治療
・徒手療法
痛みが出ている筋肉やその周辺のマッサージ。
椎間関節のズレによる腰の捻挫が原因となっている場合は、関節の矯正を行います。
また、ストレッチなどを行い、腰の筋肉を伸ばして筋肉の緊張を和らげます。

・温熱療法
ホットパックや超音波などで腰を温め、血行(血液の流れ)をよくします。筋肉の緊張がほぐれて痛みが和らぐほか、疲労物質が流れ出て回復が早まります。

◎自力での対処
・安静・負担の軽減
痛みが軽い筋肉痛であれば、日常生活において腰が痛むような姿勢や動作を極力控えていれば数日~1週間程度で良くなります。

・ストレッチ
筋肉が硬い状態だと痛みが出やすくなってしまいやすくいうえ、
痛みが取れにくいので、筋肉を伸ばして、柔らかい状態を作っていきましょう。

いかがだったでしょうか?

簡単な解説ですが、
筋筋膜性腰痛は、
腰痛のなかで、最も頻度が高いため、
参考にして頂ければ幸いです。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】(一部準備中)
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です