狭心症でも肩こり!?

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

おはようございます。
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は狭心症の中の労作性狭心症について
解説記事を書いていきます。

心臓を栄養している冠状動脈が狭窄し、
一時的に心筋が酸欠状態を起こした状態が狭心症です。

最も多いのが労作性狭心症です。

これは冠状動脈に狭窄していることがあって、
そこから先に酸素供給ができないために、
労作時(運動や作業、動作などで一定時間、体を動かしたとき)に
胸痛発作を起こすものです。

例えば、普通に歩いているときには、
なんとかそれに見合う血流が維持できているので症状は出ませんが、
早歩きなどをすると心筋の活動量が増加し、
酸素(血流)がより多く必要となります。

このとき、狭窄部位があるために、
増加した心筋の活動量に見合うだけの酸素を供給できず、
胸痛が起こります。

◎症状
狭心痛と呼ばれる特徴的な胸痛が発作的に起こります。
胸の左側から中央にかけて、
締め付けられるような、
圧迫されるような痛みが生じ、
左肩、腕、あごなどにも、痛みが広がることがあります。

安静にすれば、胸痛発作は2~3分で改善しますが、
なかなか改善しなかったり、発作を止める薬(ニトログリセリン)を
舌の下に含んでなお症状が続く場合には、
急性心筋梗塞の可能性が高くなります。

このような場合には、
すぐに救急車を呼んで専門医の診察を受ける必要があります。

また、高齢者では、
狭心症の症状が腹痛や呼吸困難だったり、
また、糖尿病の患者さんでは胸痛を訴えないことがあります。

◎発作の原因
冠動脈の内径が動脈硬化などのために
部分的に狭くなって、
血流の流れが悪くなり(虚血)、
階段の昇り降りや早歩き運動などで、
肉体的負担が増加したときに、
心筋への酸素の需要と供給のバランスが崩れて胸痛発作が起こります。
入浴、排便、感情の高ぶり、寒冷刺激などが発作の原因となることがあります。

◎生活上の注意
第一に発作の原因となりそうなことを避けることです。
どの程度の労作で発作が起こるかは、人によって違うので、
自分の体に合った生活、仕事、運動、レジャーなど
を心がけてください。

今回はここまでです。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

本態性高血圧

泉大津市田中町 ただみ整骨院の症例ブログ

こんばんは!
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

最近、症例ブログを完全に放棄し、解説ブログばかりになってしまっていますが、
今回も解説ブログを書いていきます。

年齢と共にだんだんと高血圧が気になりませんか?

高血圧は、大きく2種類に大別され、
原因や病気のせいでないのに、高血圧になってしまう、
『本態性高血圧』と
原因や病気のせいでなってしまう、
『二次性高血圧』があります。

というわけで、今回は本態性高血圧について解説していきます。

高血圧患者の約90%は本態性高血圧と考えられていて、
多くは中年以降に血圧が上昇してきます。

遺伝的な要因が関係し、
両親や兄弟にも高血圧の人がいることが多いと考えられています。

また、高血圧の発症には、
食塩摂取量、肥満、ストレスなども関係するとされています。

高血圧は動脈硬化の重要な危険因子の一つで、
腎臓病や脳卒中、心臓病を合併しやすくなるため、
長期にわたる血圧の管理が必要です。

◎症状
高血圧自体は
特に自覚症状がないことが多く、
健康診断などで指摘されて気づきます。

頭思感、頭痛、めまい、肩こり、息切れ、動機などを
訴えることもありますが、
いずれも高血圧の特有の症状ではありません。

しかし、高血圧の状態が長く続いて、
脳、心臓、腎臓などに障害が起こると、
それによる症状がみられるようになります。

高血圧があって、
なんらかの症状が出てきた場合は、
高血圧による臓器障害が加わったと考えるべきです。

◎予防
1.食事
最も重要なのは食塩の制限です。

2.体重
肥満体型の方は減量するだけで血圧低下が期待できます。

3.お酒・たばこ
たばこは血管を収縮させ、血圧を上昇させるので禁煙が望まれます。
お酒は日本酒なら1日1合、
ビールなら350ml程度にしましょう。

4.運動
週2回程度の運動は効果がありますが、
激しい運動は、特に血圧が高いときは危険です。
自分の体力体調に見合った運動を心がけましょう。

いかがだったでしょうか?
簡単な解説ではありますが、参考にして頂ければ幸いです。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

肩こりは心筋梗塞の前兆!?

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

こんにちは!
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

肩が重い。肩がこる。
軽い症状だと思っていても、心筋梗塞の前兆であることがあります。

今回は心筋梗塞について解説ブログを書いていきます。

◎心筋梗塞とは?
簡単にいうと…
血流が途絶えて心臓の筋肉である心筋が壊死してしまう病気です。

心臓にある冠状動脈のどこかに閉塞(つまり)や狭窄(血管が狭くなること)があって、
そこから先の血管が栄養している心筋への血流、酸素の供給が途絶えるため、
狭心症よりもさらに激しい胸痛が生じます。

血流が途絶えた心筋は壊死して、
心臓の収縮力が低下します。

冠動脈をつまらせる一番の原因は、
冠状動脈硬化と、それによって生じた血栓です。

心筋梗塞のほとんどは、
不安定狭心症を経て発生することが多いのですが、
最近は狭心症の自覚症状がなく、
最近肩がこるなー、と思っていたら、
急に発症して突然死につながるような
心筋梗塞が増加してきています。

◎症状
心筋梗塞の胸痛発作の多くは突然起こり、
それまでに経験したことがない締め付けられるような激しい痛みが、
30分以上続きます。

痛みが起こる部位は、
基本的には狭心症と同じですが、
顔は苦痛に歪み、顔面蒼白になり、
チアノーゼが現れ、全身に冷や汗をかき、
嘔吐することもあります。

重症になると、
血圧が低下し、ショック状態になったり、心停止をきたすことがあります。

狭心症の発作に有効なニトログリセリンを2回舌下投与しても、
症状が持続する場合は、
心筋梗塞の可能性が極めて高いため、安静にするとともに、
すぐに救急車を呼んで専門医にみてもらう必要があります。

 
ただの肩こり。されど、肩こり。

大きな病気が隠れて可能性があるため、
長年続く場合や、突然肩こりを感じた場合は注意が必要です。

今回はここまでです。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

頚椎椎間板ヘルニアの解説

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

おはようございます。
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は、首ヘルニアの解説ブログを書いていきます。

◎頚椎椎間板ヘルニア
首の骨と骨の間にある椎間板という軟骨が、
脊髄や腕に向かう神経(頚神経根)を圧迫して症状が現れます。
急に起こる場合と、徐々に起こる場合があります。

◎原因
加齢や、首に負担の多い姿勢、
外力などによって椎間板が壊れ、
脊髄や神経根を圧迫して症状が現れます。

◎症状
脊髄が圧迫されると、
手足のしびれや痛み、
動きが悪くなる(四肢マヒ)などの症状が現れます。

神経根が圧迫されると、
片方の腕から手にかけてのしびれや痛み、
筋力低下がみられます。

痛みやしびれの症状には波があり、
首を後ろに反らすと症状が強くなることもあります。

◎検査
レントゲン、CT、MRI検査で、
椎間板がこわれて飛び出している部分(ヘルニア)の
位置と大きさを確認することができます。

◎治療
急に症状が出た場合は、
まず首の安静と固定が必要です。

重症度によって治療は異なりますが、
必ずしもヘルニアを手術で
取り除かなければならないわけではありません。

簡単な解説でしたが、今回はおしまいです。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

胸郭出口症候群(TOS)の解説

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

こんばんは!
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は首・肩周りの疾患で、
女性に多い胸郭出口症候群について、記事を書いていきます。

首(頚椎)から腕(上肢)いく神経の、
首から肩までの部分(腕神経叢)が、
首から肩にかけての範囲(胸郭出口)で引っ張られたり、
圧迫されたりして神経症状が現れるものをいいます。

◎原因
なで肩や肩回りの筋肉が弱い人は、
腕神経叢が腕の重さで引っ張られて症状が出やすくなります。

逆に、肩の筋肉が発達している人は、
腕を上げた時に腕神経叢が圧迫されて、症状が出やすくなります。

血管も同時に圧迫されますが、あまり問題ではありません。

体型以外に、生まれつきの筋肉や骨の異常が関係していることもあります。

◎症状
若い女性に多く見られ、
首から腕にかけてしびれや痛み、だるさを訴えます。

また、頭痛、めまい、肩こりなど、
心理的ストレスが誘因と思われる、
自律神経症状が現れることもあります。

◎検査・診断
レントゲン検査、血管造影、神経造影などがありますが、
体型や仕事、症状の出やすい状況をよく聞き、
詳しく診察して判断します。

◎治療
原因を良く理解し、それに合った治療が必要です。
腕の重さを減らすために三角巾で腕を支えたり、
圧迫が原因なら手術をする場合もあります。

筋力が弱い人は、上半身の筋力強化が必要です。

いかがだったでしょうか?
胸郭出口症候群はあまり聞きなれない病名だと思いますが、
お困りの方の参考になればうれしいです。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

後縦靭帯骨化症(OPLL)の解説

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

こんにちは!
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は首の難病と言われる、
後縦靭帯骨化症(OPLL)OPLLについての解説記事を書いていきます。

頚椎後縦靭帯骨化症とは、
簡単に言うと首の靭帯が骨になってしまうという病気です。

首の骨(頚椎)の後縦靭帯という部分が骨に変化し(靭帯骨化)、脊髄を圧迫して症状が出ます。
原因は不明と言われています。
肩こりと思っていたら、頚椎後縦靭帯骨化症だったなんてことも…。

◎症状
両手足(四肢)のしびれや痛み、手が思うように動かない、
歩きづらいなどの脊髄の圧迫症状が中心です。

首が原因の病気ですが、脚に症状が出るのが特徴です。

背中や腰の異常を伴うこともあり、頚椎だけでにこの種の変性が起きるとは限りません。

◎検査・症状
レントゲン検査で診断がされます。
CT、MRI検査はより、正確に脊髄の圧迫状態が判別できるので非常に有用です。

◎治療
症状が無ければ経過観察をしますが、
日常生活に支障をきたすようであれば、手術が必要になる場合もあります。

急に首を後ろに反らすと、手足のマヒがひどくなる危険性が高いので注意が必要です。

首の病気なのに歩けなくなってしまうこともある怖い病気です。
もしも、頚椎後縦靭帯骨化症と診断されたら、首の大きな運動は絶対に避けてくださいね!

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

高血圧や眼精疲労でも肩こりに!

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

こんにちは!
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回はみなさんお悩みの肩こりについての記事を書いていきます。
なんか最近肩こりの記事ばっかり書いてるな…。

肩こりは頭を支え、腕を持ち上げる働きをする筋肉の疲労からくる症状です。
首から肩、肩甲部にかけて痛みや頭痛などが出現します。

◎症状
頭痛、首の痛み、肩から背中にかけての重苦しさ、吐き気など、
多彩な症状がみられます。

また、腕から手指にかけてしびれることもあります。
下を向く姿勢が続くと症状が悪化します。

◎検査・診断
検査上では特に異常は見つかりません。
しかし、脳、脊髄、消化器の異常や障害、頚椎変性、高血圧、眼精疲労、心臓疾患などでも
肩こりが出現することがあるので注意が必要です。

◎治療
第一に日常の悪い姿勢を治すことが大切です。
いつも同じ姿勢を意識して、
背筋をしっかりと伸ばすことを習慣付けます。

簡単に姿勢をチェックするには、
壁に背中を付けて立ち、頭からかかとまでが壁にぴったりと付くようにします。

また、疲労を取るための上半身のストレッチ運動も、肩こり改善に効果的です。
ご自身でも、ストレッチ運動を心がけましょう。

ただの肩こりでも、高血圧や眼精疲労からくる場合もあるということも頭の片隅に置いておいてください。

今回はこれでおしまいです。
 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

頭痛と肩こり

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

こんにちは!
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は頭痛と肩こりについて記事を書いていきます。

◎頭痛と肩こり
頭痛の原因は様々です。
脳に異常がなくても、首(頚椎)に問題があれば頚性頭痛といって肩こり、
頭痛(後頭部痛が多い)が生じます。

首の骨(頚椎)に異常がある場合もありますが、
多くは首の後ろ側の筋肉が緊張していて、
下を向くような姿勢が続くと悪化します。

検査上で特に問題なければ、
普段から姿勢を正しくするように心がけ、
上半身の軽い運動をするようにしましょう♪

今回も簡単な記事でしたが、これでおしまいです( ^ω^ )

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

脊柱側弯症の解説

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

おはようございます。
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は背骨が左右に歪んでしまっている、
脊柱側弯症についての解説記事を書いていきます。

背骨が左右に傾いてしまう!?
◎脊柱側弯症

背骨(脊柱)が左右に曲がっている状態(側弯)をいいます。
もともと背骨に異常があって側弯になる場合(構築性側弯)と、
何かの原因で一時的に側弯になっているだけの場合(機能性側弯)とがあります。

◎症状
・立ってる状態を後ろから見るとまず両方の方の高さが違う
・背中が横に曲がっている
・左右のお尻の位置が均等でない
・背中を丸くして前にかがむと、左右の背中の高さ(肋骨隆起)が違う
などの症状のがみられます。

◎検査・診断
レントゲン検査で背骨全体の写真を撮影し、
側弯の程度と背骨の変形を調べます。

構築性側弯には、
・生まれつき背骨が曲がっている先天性側弯
・乳幼児期から思春期にかけて起こる特発性側弯
・加齢による変性側弯
・脊椎すべり症
・背骨の外傷後の側弯
などがあります。

機能性側弯には、
・小児の姿勢性側弯
・足の長さの違いなどによる静力学的側弯
・椎間板ヘルニアなどの痛みにによる疼痛性側弯、
・心因性側弯
などがあります。

これらのうち、どの側弯に該当するのかを検査し適切な治療を行います。

◎治療
特発性側弯では
・体操療法
・特別なコルセットを用いた装具療法
・手術療法
など、その程度に応じて行います。

その他の側弯では、
それぞれの原因に応じた治療が行われます。

◎当院の治療
機能性側弯についてはカイロプラクティックが適用となっています。
背骨を正しく矯正し、背骨の運動性(動き)を良くしてあげることで、
改善が見込まれます。

今回は脊柱側弯症についての解説をかいていきました。

すべての脊柱側弯症が対象になるわけではありませんが、
脊柱側弯症なら、当院のカイロプラクティックをベースとしたただみ式整体をご検討ください!

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

腰痛とはなにか?

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

おはようございます。
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今朝はすごく冷えますね!
この秋一番の寒さのような気がしますね!

そんな寒くなってくると、不意に起こってしまう腰痛について記事を書いていきます。

◎そもそも腰痛とは?
何らかの原因で腰椎(腰の骨)と仙骨(骨盤の中央の骨)に
大きな負担がかかったり、この部位のを通っている神経(馬尾神経)の圧迫など、
なんらかの障害を受けた時に生じます。

多くは整形外科的要因によるものですが、腹部内臓器、泌尿器、婦人科系の病気、がんの骨転移など、
その原因は様々です。強い腰痛を感じた時はまず整形外科を受診されると良いと思います。

◎腰痛が起きてしまったら?
急に腰痛が起きた場合には背骨やその周辺の筋肉に負担がかかって緊張していることが多いので、
まず安静にして、楽な姿勢で横になり、休むことが大切です。

落ち着いたら、整形外科を受診して原因を突き止めます。
整形外科以外の原因で起こっている可能性があれば、
他科を受診するように指示をしてくれるでしょう。

とくに重大な疾患がないのに、たびたび腰痛が起こるという慢性腰痛には、
腰部の筋肉を鍛える腰痛体操やストレッチ運動をすることによって、
症状は大きく改善されます。

長年腰痛に悩まされている方でも、セルフケアを行うことで、
自力でも腰痛を軽減できるので取り組んでみると良いでしょう。

今回は簡単な腰痛の紹介ブログでした。
参考にしてみてください♪

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006