ぎっくり腰とは?

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

こんにちは!
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は腰痛の方が抱えている、もしもの不安…。
ぎっくり腰について記事を書いていきます。

ぎっくり腰とは、
前かがみ姿勢になったとき、
突然現れる腰の急激な痛み。
でも、下肢症状や神経症状は伴わない腰痛のことをいいます。

ちなみに、ぎっくり腰は西洋では
『魔女の一撃』というそうです。

一旦、ぎっくり腰になってしまったら、
痛みで動くことができず、寝返りすらも打てなくなってしまいます。

そして、治るまでに2~3日、長い場合では1週間もの期間、
痛くて動けない状態が続いてしまいます。
さらに、このぎっくり腰は原因がハッキリとしていません。
そのため、普段腰痛をもっている方や一度ぎっくり腰になった経験がある方は常に腰に不安を抱えた状態に陥ってしまいます。

とはいえ、原因不明のぎっくり腰にも、原因であると言われているモノがあります。
・腰骨と骨盤の関節が急に動かなくなってしまう。(腰仙関節のロッキング)
・骨盤の関節が急に動かなくなってしまう。(仙腸関節ロッキング)
・筋疲労・筋損傷
・腹圧
・前かがみ姿勢による椎間板の損傷

これらが原因ではないか?といわれています。
ぎっくり腰を予防したいなら、これらの事柄を避けなければなりません。

・腰骨や骨盤の関節の動きを良く保つためには
日常的に適度な運動をしなければなりません。

・筋疲労・筋損傷が起こりやすい場合は、
ストレッチに取り組み、柔らかい筋肉を作っておかなければなりません。

・腹圧が掛かりすぎないように、息を止めて重いものを持ったり、息を止めて気張ったりは避けなければなりません。

・前かがみ姿勢での作業や動作は避けなければなりません。

それでも、ぎっくり腰になるときはなってしまいます…。

今回はここまでです。
次回はぎっくり腰になってしまった場合の対処方法を記事にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です