胸郭出口症候群(TOS)の解説

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

こんばんは!
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は首・肩周りの疾患で、
女性に多い胸郭出口症候群について、記事を書いていきます。

首(頚椎)から腕(上肢)いく神経の、
首から肩までの部分(腕神経叢)が、
首から肩にかけての範囲(胸郭出口)で引っ張られたり、
圧迫されたりして神経症状が現れるものをいいます。

◎原因
なで肩や肩回りの筋肉が弱い人は、
腕神経叢が腕の重さで引っ張られて症状が出やすくなります。

逆に、肩の筋肉が発達している人は、
腕を上げた時に腕神経叢が圧迫されて、症状が出やすくなります。

血管も同時に圧迫されますが、あまり問題ではありません。

体型以外に、生まれつきの筋肉や骨の異常が関係していることもあります。

◎症状
若い女性に多く見られ、
首から腕にかけてしびれや痛み、だるさを訴えます。

また、頭痛、めまい、肩こりなど、
心理的ストレスが誘因と思われる、
自律神経症状が現れることもあります。

◎検査・診断
レントゲン検査、血管造影、神経造影などがありますが、
体型や仕事、症状の出やすい状況をよく聞き、
詳しく診察して判断します。

◎治療
原因を良く理解し、それに合った治療が必要です。
腕の重さを減らすために三角巾で腕を支えたり、
圧迫が原因なら手術をする場合もあります。

筋力が弱い人は、上半身の筋力強化が必要です。

いかがだったでしょうか?
胸郭出口症候群はあまり聞きなれない病名だと思いますが、
お困りの方の参考になればうれしいです。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です