脊柱側弯症の解説

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

おはようございます。
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は背骨が左右に歪んでしまっている、
脊柱側弯症についての解説記事を書いていきます。

背骨が左右に傾いてしまう!?
◎脊柱側弯症

背骨(脊柱)が左右に曲がっている状態(側弯)をいいます。
もともと背骨に異常があって側弯になる場合(構築性側弯)と、
何かの原因で一時的に側弯になっているだけの場合(機能性側弯)とがあります。

◎症状
・立ってる状態を後ろから見るとまず両方の方の高さが違う
・背中が横に曲がっている
・左右のお尻の位置が均等でない
・背中を丸くして前にかがむと、左右の背中の高さ(肋骨隆起)が違う
などの症状のがみられます。

◎検査・診断
レントゲン検査で背骨全体の写真を撮影し、
側弯の程度と背骨の変形を調べます。

構築性側弯には、
・生まれつき背骨が曲がっている先天性側弯
・乳幼児期から思春期にかけて起こる特発性側弯
・加齢による変性側弯
・脊椎すべり症
・背骨の外傷後の側弯
などがあります。

機能性側弯には、
・小児の姿勢性側弯
・足の長さの違いなどによる静力学的側弯
・椎間板ヘルニアなどの痛みにによる疼痛性側弯、
・心因性側弯
などがあります。

これらのうち、どの側弯に該当するのかを検査し適切な治療を行います。

◎治療
特発性側弯では
・体操療法
・特別なコルセットを用いた装具療法
・手術療法
など、その程度に応じて行います。

その他の側弯では、
それぞれの原因に応じた治療が行われます。

◎当院の治療
機能性側弯についてはカイロプラクティックが適用となっています。
背骨を正しく矯正し、背骨の運動性(動き)を良くしてあげることで、
改善が見込まれます。

今回は脊柱側弯症についての解説をかいていきました。

すべての脊柱側弯症が対象になるわけではありませんが、
脊柱側弯症なら、当院のカイロプラクティックをベースとしたただみ式整体をご検討ください!

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です