頚椎椎間板ヘルニアの解説

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

おはようございます。
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は、首ヘルニアの解説ブログを書いていきます。

◎頚椎椎間板ヘルニア
首の骨と骨の間にある椎間板という軟骨が、
脊髄や腕に向かう神経(頚神経根)を圧迫して症状が現れます。
急に起こる場合と、徐々に起こる場合があります。

◎原因
加齢や、首に負担の多い姿勢、
外力などによって椎間板が壊れ、
脊髄や神経根を圧迫して症状が現れます。

◎症状
脊髄が圧迫されると、
手足のしびれや痛み、
動きが悪くなる(四肢マヒ)などの症状が現れます。

神経根が圧迫されると、
片方の腕から手にかけてのしびれや痛み、
筋力低下がみられます。

痛みやしびれの症状には波があり、
首を後ろに反らすと症状が強くなることもあります。

◎検査
レントゲン、CT、MRI検査で、
椎間板がこわれて飛び出している部分(ヘルニア)の
位置と大きさを確認することができます。

◎治療
急に症状が出た場合は、
まず首の安静と固定が必要です。

重症度によって治療は異なりますが、
必ずしもヘルニアを手術で
取り除かなければならないわけではありません。

簡単な解説でしたが、今回はおしまいです。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です