頚椎椎間板ヘルニアの解説

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

おはようございます。
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は、首ヘルニアの解説ブログを書いていきます。

◎頚椎椎間板ヘルニア
首の骨と骨の間にある椎間板という軟骨が、
脊髄や腕に向かう神経(頚神経根)を圧迫して症状が現れます。
急に起こる場合と、徐々に起こる場合があります。

◎原因
加齢や、首に負担の多い姿勢、
外力などによって椎間板が壊れ、
脊髄や神経根を圧迫して症状が現れます。

◎症状
脊髄が圧迫されると、
手足のしびれや痛み、
動きが悪くなる(四肢マヒ)などの症状が現れます。

神経根が圧迫されると、
片方の腕から手にかけてのしびれや痛み、
筋力低下がみられます。

痛みやしびれの症状には波があり、
首を後ろに反らすと症状が強くなることもあります。

◎検査
レントゲン、CT、MRI検査で、
椎間板がこわれて飛び出している部分(ヘルニア)の
位置と大きさを確認することができます。

◎治療
急に症状が出た場合は、
まず首の安静と固定が必要です。

重症度によって治療は異なりますが、
必ずしもヘルニアを手術で
取り除かなければならないわけではありません。

簡単な解説でしたが、今回はおしまいです。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

後縦靭帯骨化症(OPLL)の解説

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

こんにちは!
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は首の難病と言われる、
後縦靭帯骨化症(OPLL)OPLLについての解説記事を書いていきます。

頚椎後縦靭帯骨化症とは、
簡単に言うと首の靭帯が骨になってしまうという病気です。

首の骨(頚椎)の後縦靭帯という部分が骨に変化し(靭帯骨化)、脊髄を圧迫して症状が出ます。
原因は不明と言われています。
肩こりと思っていたら、頚椎後縦靭帯骨化症だったなんてことも…。

◎症状
両手足(四肢)のしびれや痛み、手が思うように動かない、
歩きづらいなどの脊髄の圧迫症状が中心です。

首が原因の病気ですが、脚に症状が出るのが特徴です。

背中や腰の異常を伴うこともあり、頚椎だけでにこの種の変性が起きるとは限りません。

◎検査・症状
レントゲン検査で診断がされます。
CT、MRI検査はより、正確に脊髄の圧迫状態が判別できるので非常に有用です。

◎治療
症状が無ければ経過観察をしますが、
日常生活に支障をきたすようであれば、手術が必要になる場合もあります。

急に首を後ろに反らすと、手足のマヒがひどくなる危険性が高いので注意が必要です。

首の病気なのに歩けなくなってしまうこともある怖い病気です。
もしも、頚椎後縦靭帯骨化症と診断されたら、首の大きな運動は絶対に避けてくださいね!

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

症状解説:変形性頚椎症

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

おはようございます。
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は首周りの病気の変形性頚椎症について、解説していきます。

◎変形性頸椎症とは?
主に頚椎(首のほね)が加齢によって変形や摩耗が起こってしまい、
首の痛みや肩こり、背部痛などの局所症状を起こす病気です。
場合によっては、手のしびれや血流障害が起こってしまうこともある病気です。

頸椎は7個の椎骨(ついこつ)から構成されていて、
椎間板という軟骨性のクッションと椎間関節によって、上下の頚椎が連結されています。

椎間板は年齢とともに水分の保持能力が低下し、内圧が減少して支持性が低下します。
それに伴い、上下の椎体の辺縁に骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨突出部ができたり、
椎間関節が磨り減ったりする一連の加齢変化が生じます。

その結果、おのおのの椎骨や頸椎全体の形状が変化するため変形性頚椎症と呼ばれます。

ちなみに、変形性頚椎症は省略して、頚OAと呼ばれます。

◎変形性頚椎症になると、どうなってしまうのか?
頚OAは様々な症状・状態があります。

レントゲン上、大きな変形があり、頚OAと診断されても、
無症状の方もたくさんおられます。

逆に、小さな変形であったとしても、
その変形が神経に触ってしまったり、血管を圧迫してしまうと、
しびれや血流障害、おもーい肩こりが出てしまうこともあります。

覚えて頂きたいことは、頚OAという1つの病名でも人によって症状や程度に大きな違いがあるということです。

◎どんな治療をするの?
残念ながら、頚OAに根本的な治療はありません。
変形してしまった骨を戻すことはできません。
将来、医療技術が発達した場合は別ですが…。

その治療法は対症療法といって、出でいる症状を和らげる治療しかありません。

というところで今回は締めくくっておきます。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

寝違いと思ったら、頚椎症性神経根症

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

こんにちは!
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です!

今回は寝違いについて記事を書いていきます。

寝違いは様々な原因がいわれていますが、
明確な原因はハッキリしていません。

・慢性的な肩こり
・長時間の不良姿勢
・冷え
・首・肩回りの疲労
・頸椎・肩甲骨の可動性の低下
・肩甲骨周りの筋肉の一時的な筋炎(炎症)
・頚椎の退行変性(いわゆる歳のせい)

これらが、主な原因と言われています。

症状は、
・運動制限(可動域制限)
・首~肩甲骨周りの痛み
・動作痛(動かしたときに痛くなること)
・僧帽筋や菱形筋にシコリができる

これらが多くの症状で、
首~肩周りの筋肉を緩めたり、
首~肩甲骨のモビライゼーション、
温めてあげると、症状は数日で軽快します。

しかし、
これらの症状に加えて、
腕や肩甲骨周りに、
『しびれ』が出てしまうことがあります。

これを頚椎症性神経根症と呼びます。
(厳密には他の疾患も考えられますが、この疾患が多いです)

このタイプは
筋肉や骨が原因となっている寝違いではなく、
神経を一時的に圧迫してしまい、
しびれが出てしまっているモノです。

この『しびれ』を伴う寝違いは、
首~肩周りの筋肉を緩めたり、
温めてあげても、良くなりません。

特に温めると余計に痛みが強く出てしまいます。

多くの症状はあくまでも
神経の一時的な圧迫であるため、
神経が切れているわけではありません。

一時的な圧迫によって損傷してしまった神経でも、
圧迫から解放されれば、回復していきます。

回復には個人差が大きいですが、
1ヶ月~3ヶ月程度で回復する方が多いです。

その治療については大まかに、
1.『圧迫を解放すること』
2.『圧迫を受けてしまう姿位を特定すること』
3.『痛みを和らげること』

痛みだけを和らげようとしても、全く治りません。

もしも、しびれを伴う寝違いが起こってしまったら、
当院へお越しください。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】(一部準備中)
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

泉大津市の首~肩の違和感の患者様

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

こんにちは!
ただみ整骨院の忠見です。

今回の記事は
当院へ来られた患者様の症例の解説をしていきます。

泉大津市在住の30代の女性
2~3年前から首から肩の違和感を感じていて、
今年になり整形外科にいったところ、
ストレートネックと診断を受ける。
なかなか、首~肩がスッキリしないと、当院へ来院。

当院としては患者様に対し、第5頚椎(首の上から5番目の骨)
首の前弯のカーブを作る方向へ矯正し、骨盤を前上方へ矯正しました。
施術後、『久しぶりにスッキリしました』と言って喜んで頂きました。

~ストレートネックの解説~
首の骨は7つあり、それぞれが関節を作っていて、
真横からみると前弯という、ゆるいカーブを作っています。

首の骨をご自身で触ってみると、カーブを作っているのが分かると思います。

ストレートネックとは、首の骨の前弯のカーブがなくなり、
骨の並びがまっすぐになりすぎている歪みの状態のことで、
病気というわけではありません。

ストレートネックの原因は
明確に明らかになっているわけではありません。

しかし、以下が原因だと言われています。

・パソコンやスマホを長時間同じ姿勢
・交通事故や転落・転倒によって、首のケガ
・加齢や筋力低下
・骨盤の歪みや股関節から体全体の歪み
・高い枕で寝るなどの生活習慣

ストレートネックであっても、
症状が出ていない方もたくさんおられますが、

深刻な症状を抱えておられる方が多いです。
具体的には

・肩がこりやすい
・首を動かすと違和感が出る
・上が向きにくい
・頭痛、
・めまい
・ふらつきや吐き気がおこる
・寝違いをよくする
・手のしびれ などなど

いろいろな症状があります。

また先述した、
枕が高い状態で寝ると、
ストレートネックのまま寝てしまいます。
すると、舌根部(舌の根っこ)が気官をふさいでしまい、いびきの原因になります。

ひどい方になると、睡眠時無呼吸症候群といって
寝ている間に20-30秒くらい呼吸をしていない状態になってしまいます。

このようにストレートネックのままで生活していると、
良いことはなにもありません。

早めの対処をオススメします。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】(一部準備中)
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006