骨盤矯正で痩せるのか?

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

こんばんは!
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は20~40代の女性、特に産後の女性によく聞かれること。

◎骨盤矯正で痩せる?

について記事を書いていきます。

『骨盤矯正』って女性の方は気になるワードではないでしょうか?

◎その言葉が気になるのか?
◎その施術内容が気になるのか?
◎その効果が気になるのか?

ついつい反応してしまう方が多いですよね…。

20~40代くらいの女性で、
『骨盤矯正してほしい』
と、来院されることがあります。

そのニーズ、目的を尋ねてみると…。

骨盤矯正って

◎ウエストが細くなりますか?
◎痩せますか?

という回答が…。

その辺の誤解は我々の業界側の誇大広告のせいもあるように思います…。

結論から言いますと、

確かに細くなる‘‘こと’’があります。
スタイルも良くなる‘‘こと’’があります。

正確に言いますと、
「見た目は細くなるけど、脂肪が減ったわけではない。」

ということを理解して頂きたいです。

あくまで骨盤が構造的に正しい位置に整うことで、
広がってしまっていた骨盤が小さくなるので、結果的に細く見えるようになる。

ということです。

もともと、健康的で、日常的に運動をしている方や
姿勢が良い方にはその効果はほぼ得られません。

そして、先ほども書いた通り、骨盤矯正後、脂肪は減ることはありません。
当然、施術直後に体脂肪が減る訳もありません。

時々、

◎脂肪が減った!
◎3キロダイエット成功!

といった広告がありますが、

骨盤が整うことによって、
骨盤の中にある内臓が正常な位置に戻ることにより、
内臓の機能向上や基礎代謝が上がり、
結果的に少しずつ痩せていくこともあります。

骨盤が整うことによって、
筋肉の活動量が増え、
結果的に少しずつ痩せていくこともあります。

ただ、これはご自身の努力もかなり必要です。

◎骨盤矯正すれば、痩せる!

といった安直な結果にはなりません。

しかし、来院された方のニーズ、目的を実現するのが我々の役目です。
そこで当院の施術で実現できそうな効果を考えてみました。

・骨盤矯正で体が本来の正しい姿に整う。
・不良姿勢からくる腰痛、肩コリ、など体の不調が改善する
・生理痛や内臓系の症状が改善する
・もともと姿勢が悪い方なら、姿勢が良くなり、ウエストが細くなることも…。、

このくらいでしょうか?

当然、お約束できないこともありますが、
なんとなく、多くの不調は解決できるという印象をもってもらってもよいかと思います。

長々と書いてきましたが、

◎骨盤矯正で痩せるのか?

『細くなる‘‘こと’’があります。』
(痩せるとは言ってない。)

 

ということで締めくくっておきます。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

当院の産後骨盤矯正の方針

泉大津市 ただみ整骨院の症例ブログ

こんにちは!忠見です。
今回は当院の産後骨盤矯正の方針を紹介していきます。

まずは骨盤の知識から始めます。
骨盤とは、左右に寛骨、その間に仙骨、仙骨の下に尾骨という骨でできています。
寛骨は腸骨、坐骨、恥骨に分かれてます。
真ん中の仙骨と腸骨との関節を仙腸関節といいます。

骨盤が歪んでいる人のほとんどが、この仙腸関節が歪んでいます。
稀に恥骨結合が歪んでいる人もいます。

西洋医学では骨盤は半関節といって、
歪まないのですけど、実際に骨盤が歪んでいる人が多くいます。

仙腸関節が下方または上方にズレ、座骨の高さが違う人が多いのです。

ではなぜ骨盤は歪むのでしょうか。

出産前、妊娠前から姿勢が悪いのではないでしょうか?

横座りをしてたり、
片足に重心をのせて立っていたり、
足を組んで座っていたり。
ですね。

あるいは、そうしないと気持ち悪い感じがするぐらい、
筋肉のバランスが悪くなっている人も多いように思います。

出産する際に、ホルモンの影響で、胎児が通過しやしくなるように、
骨盤が開き易くなるようにできています。

 

それでも、妊娠後期にお腹が大きくなり、
どうしても反りぎみに立ち、腰の筋肉が負担がかかります。

体が硬い状態で出産を迎えれば、難産になりやすいでしょう。

だから、ただみ整骨院では産前から、骨盤矯正をします。
出産したから骨盤が歪んだ、と考えてないんです。

出産が終わると、ホルモンの影響で、骨盤は正しい位置に向かうはずです。

しかし、妊娠、出産より前からのクセで、骨盤が戻らない人もいます。
そんな人こそ、産後骨盤矯正が必要になります。

産後骨盤矯正の真実

産後骨盤矯正の真実

こんにちは
鍼灸師・柔道整復師の池部(ブログネーム)です。

今回は産後骨盤矯正の『真実』を書いていきます。
この記事は途中で読むのを辞めてしまわずに、
最後まで読んでただくようお願い致します。

ここ、5年くらいで『産後骨盤矯正』という言葉を
巷でよく耳にするようになってきました。
雑誌や広告、治療院でも目立つように掲げているところが多いですね!

最近では、
『出産したら骨盤矯正を必ずしないといけない!』
という風潮も出ています。

しかし、本当に必要なのか?
…実は、多くの方は産後の骨盤矯正は必要ありません!

専門的な難しい話は省略して、簡単に説明します。

出産の時期が近づいてくると、
ホルモンの働きで骨盤が開きやすくなってきます。

そして、陣痛が始まると、
骨盤を開きやすくするホルモンが大量に分泌され、
骨盤が大きく開き、出産が可能になります。

逆に出産が終わるとホルモンの働きで骨盤がゆっくりと閉じていきます。
約半年くらいかけて、妊娠前の骨盤の状態に戻っていきます。
健康な方は、ほっといても勝手に戻っていきます。
…つまり、骨盤矯正なんてする必要ありません。

その時期に骨盤矯正を受けるように勧めている広告・治療院が多いです。
世界的にみてみると、産後の骨盤矯正は日本でしか行われていません。
(もし、違ったらすみません)

では、なぜ『産後骨盤矯正』がここまで、広まっているのか?
…その真実は『整骨院の商売』のためです。

一般の方にとってはショックが大きいかもしれませんが真実です。

ここ10~15年で一気に数が増えてしまった整骨院。
数が少なかった頃は、健康保険の審査が甘く、
なんでもかんでも保険適用ができ、
ゆるーい、あまーい経営で商売が成り立っていました。

しかし、整骨院の数が増えすぎたため、
国や保険組合の財源を圧迫しはじめ、
健康保険の審査がどんどん厳しくなりました。
さらに、整骨院同士で患者様の奪い合いもはじまり、
ゆるーい、あまーい経営では商売として難しくなってしまいました。

そこで、
・ライバルに差を付け
・健康保険を使わなくていい
・自然に治っていくから、効果を出す必要がない
・成果があいまいなモノ

さらに、
・時間に余裕があり、
・高額(自費)な、お金を払いそう
・今しかできない。と時限脅迫ができる

として、
目を付けられてしまったのが出産後の女性です。

・産後にキチンと矯正しておかないと、骨盤が歪んだままで治らなくなる!
・今、受けておかないと後で大変なことになる!

そうやって、脅迫・洗脳されて、お金を搾り取られています。
実際には、やる必要がない産後骨盤矯正を多くの方に提供しているというのが現実です。

ただ、少数ではありますが、
まれに本当に産後矯正が必要な方がおられます。

それは産後半年以上経過しても、
ホルモンバランスが乱れたままになっていて、
骨盤が歪んでしまっている方です。

当院では、そういった方には産後の骨盤矯正を提供しています。
しかし、そういった方は本当にわずかです。とにかく少数です。

ただ単に、出産したから、骨盤矯正を受けたい!
とお考えの方がよく来られます。

必要がない方には、必要がないことを伝え、お帰り頂いております。

しかし、実際に来られた産後の女性の中には、
出産前からの不調を抱えている方が多く、
普通の骨盤矯正が必要な方がおられます。

そういった場合は、
来院のきっかけは『産後の骨盤矯正』であっても、
普通の骨盤矯正を提供しております。

産後の骨盤矯正を受けようか?受けた方がいいのか?
と迷っておられる方は、是非当院へご相談ください。

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

 

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【Instagram】
https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】
https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【総合ホームページ】(一部準備中)
http://tadami-seikotsuin.com/

【産前産後ホームページ】
http://sango-tadami.sunnyday.jp/

【ただみ整骨院 雑談ブログ】
http://blog.tadami-seikotsuin.com/

ただみ整骨院

〒595-0062
泉大津市田中町4-5-1階
泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006

産後の股関節の痛み

ただみ整骨院のブログ

ただみ整骨院の忠見です。

今回も症例の解説をしていきます。

30代 主婦 産後2年経過

産後の股関節に痛みの患者様のお話です。

妊娠前から骨盤が歪んでいる自覚があり、

年に2回ほどギックリ腰になっていた。

また、5-6年前から時々左の股関節がコキコキと

鳴っていたのが気になっていたそう。

出産後は左の内ももの付け根(股関節の内側)が

急に痛くなり、歩けなくなるほどの

痛みが出るようになってきていたそう。

子供を抱いて立っているだけでも

腰痛も出て困っていたとのこと。

また、左の股関節のコキコキと鳴るのが、

より気になってきていたところ、来院。

股関節がコキコキと

鳴る現象をバネ股といいます。

徒手検査(パトリック姿位)で

股関節の内側の痛みが再現。

また、左の骨盤の歪みも確認。

 

左の仙腸関節を後方から前方へ矯正後

左の大転子部を後方から前方へ矯正すると同時に

仙骨尖部を左から右へ矯正することで

痛みが消失。

~バネ股(弾発股)の解説~

股関節がコキコキなってしまう現象を

バネ股といいます。

バネ股には

股関節の外側で起こる『外側型』と

股関節の内側でおこる『内側型』に分類され、

『外側型』の方が多いとされています。

外側型の弾発現象は、
股関節の曲げ伸ばしによって、

腸脛靭帯が

股関節の外側の骨の突起である、

『大転子』を前後に通過する際に、

スムーズな動きができず、

大転子でひっかかり、

弾発が起こるといわれています。

内側型の弾発現象は、

股関節の曲げ伸ばしによって、

腸骨隆起または大腿骨頭で

※腸腰筋がひっかかり、

弾発が起こるといわれています。

今回のケースは

バネ股:内側型で

腸腰筋が大腿骨頭で

ひっかかっていたもの思われます。

更に言うと、

5-6年前から

症状が出ていたとのことだったので、

腸腰筋腱が肥厚していたことにより、

大腿骨頭で

ひっかりやすくなっていたものと思われます。

※腸腰筋とは?

腰椎から

股関節の内側につく大腰筋と

骨盤の内側面から

股関節の内側につく腸骨筋、

この2つの筋肉はもともと別の繊維の筋肉ですが、

付着部に近づくに従い、繊維は合わさっていき、

付着部付近では1つの繊維になります。

このことから、

大腰筋と腸骨筋をあわせて、

腸腰筋と呼ばれます。

しかし、これら2つの筋肉は

もともと別の筋肉なので、

トレーニング方法に違いがあるので、

トレーニング関連においては、

大腰筋、腸骨筋と

個別で呼ぶことが多いです。

ちなみに、大腰筋の傍に

小腰筋と呼ばれる筋肉があります。

この小腰筋も合わせて

腸腰筋と呼ぶこともあります。

しかし、この筋肉は人によって、

有ったり無かったりする、

不思議な筋肉です。

そのため、本によって

載っていたり、載っていなかったり、

トレーニングにおいて、小腰筋を

重視する人がいたり、

無視する人がいたりします。

不思議な筋肉ですねー( ゚Д゚)

#産後骨盤矯正#股関節の痛み#バネ股

#ただみ整骨院#泉大津整骨院#泉大津

【LINE公式アカウント】

ただみ整骨院の友達追加はこちら↓

友だち追加

【インスタグラム】

https://www.instagram.com/tadami2008/?hl=ha

【Facebook】

https://www.facebook.com/ただみ整骨院-247693465743345/

【産前産後ページ】

http://sango-tadami.sunnyday.jp/

ただみ整骨院

〒595-0062

泉大津市田中町4-5-1階

泉大津駅から徒歩1分 Pあり

0725-21-6006